婦人

綺麗になれる方法がある|目の下のくまを改善して明るい顔へ

ハリのある若々しい目元に

女性

皮膚と眼輪筋と脂肪

目の下の皮膚や眼輪筋は、加齢によって衰えていきます。衰えると、これらは伸びたゴムのような状態になり、目の周りの脂肪を上手く支えることができなくなります。すると支えを失うことで脂肪が沈み込んでくるのですが、目の下のたるみはこれによって生じます。したがって目の下のたるみは、衰えて伸びた皮膚を切り取ったり、眼輪筋を引っ張り上げたりすることで、改善が可能となります。皮膚が短く、眼輪筋が垂れなくなれば、脂肪が沈み込みにくくなるのです。また、沈み込んできた脂肪の量が多い場合には、それを除去することによっても、目の下のたるみが改善されます。ハリのある若々しい目元になるため、いずれも効果的なアンチエイジング治療として注目されています。

具体的な手順と効果

目の下の皮膚の切除は、まつ毛の生え際の部分でおこなわれます。まつ毛の根元を傷つけない程度に、生え際に沿ってメスで切開し、伸びた皮膚を切り取るのです。さらに、切開することで骨膜が露出するのですが、その部分に眼輪筋を固定します。骨膜は伸びたりたるんだりすることがないので、ここに固定することで、眼輪筋は垂れにくくなるのです。また、骨膜だけでなく脂肪も露出するので、適量を切り取ります。また、再び沈み込んでくることがないように、残った脂肪を押し込み、塗って固定するという施術がおこなわれることもあります。これらにより、目の下のたるみはすっかり改善されます。さらに傷跡に関しては、まつ毛がかぶさることで目立ちにくくなるのです。施術直後は赤みや内出血が生じますが、これは1〜2週間程度で自然に改善されていきます。